メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

ルール・時期は意味がある? 罰則なしでも「目安」は必要

え・葛西りいち

 今回のテーマは「就活ルールは意味がある?」です。経団連は現行の就活ルール・時期について2021年卒(現在の大学2年生が対象)から廃止することを決定しました。これを受けて、21年卒以降の就活ルールについては、政府主導で決めていくことになっています。

政府「21年卒は現行通り」

 ただし、今月15日には、当面21年卒は現行どおり会社説明会など広報活動解禁が3年生の3月、面接など選考解禁が4年生の6月とする政府方針が明らかになりました。さらに就活ルールに違反した企業についても企業名の公表などは意味がない、として罰則規定は見送られる見通しのようです。

 就活ルール・時期に違反した企業について罰則を設けるかどうか、という議論は就活ルールが日本に登場した戦前の1929年以降からずっと議論されています。が、結果的には罰則を盛り込むことには失敗しています。それどころか、81年には、政府側の監視役として就活ルール(当時は就職協定)の枠組みに入っていた当時の労働省が撤退してしまいます。

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです