メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

ルール・時期は意味がある? 罰則なしでも「目安」は必要

え・葛西りいち

 今回のテーマは「就活ルールは意味がある?」です。経団連は現行の就活ルール・時期について2021年卒(現在の大学2年生が対象)から廃止することを決定しました。これを受けて、21年卒以降の就活ルールについては、政府主導で決めていくことになっています。

政府「21年卒は現行通り」

 ただし、今月15日には、当面21年卒は現行どおり会社説明会など広報活動解禁が3年生の3月、面接など選考解禁が4年生の6月とする政府方針が明らかになりました。さらに就活ルールに違反した企業についても企業名の公表などは意味がない、として罰則規定は見送られる見通しのようです。

 就活ルール・時期に違反した企業について罰則を設けるかどうか、という議論は就活ルールが日本に登場した…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文2040文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです