メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

ルール・時期は意味がある? 罰則なしでも「目安」は必要

え・葛西りいち

 今回のテーマは「就活ルールは意味がある?」です。経団連は現行の就活ルール・時期について2021年卒(現在の大学2年生が対象)から廃止することを決定しました。これを受けて、21年卒以降の就活ルールについては、政府主導で決めていくことになっています。

政府「21年卒は現行通り」

 ただし、今月15日には、当面21年卒は現行どおり会社説明会など広報活動解禁が3年生の3月、面接など選考解禁が4年生の6月とする政府方針が明らかになりました。さらに就活ルールに違反した企業についても企業名の公表などは意味がない、として罰則規定は見送られる見通しのようです。

 就活ルール・時期に違反した企業について罰則を設けるかどうか、という議論は就活ルールが日本に登場した…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文2040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです