メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
食・FOOD

ご飯引き立てる3品 秋の味覚で彩り加えて

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ふっくらつやつやの白い粒。ふわっと湯気が立ち上る炊きたての新米を見れば、ほかにはもう何もいらない気分だ。江戸懐石料理「近茶(きんさ)流」を継ぐ料理研究家、柳原尚之さんに、おいしい炊き方とご飯を引き立てる3品を教えてもらった。

 宝石のように光り輝くイクラは、サケが川をさかのぼる秋が旬。「しょうゆ漬け」は、しょうゆの色で赤みが増すのを紅葉になぞらえ、柳原家では「紅葉漬け」と呼んでいる。今の時期、真っ先に作りたい「ご飯のお供」だ。

 薄い膜に包まれたサケの生筋子は手でほぐし、指でしごくようにイクラを外していく。この段階で膜が残って…

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2094文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  3. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです