メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秒読みEXPO2025

万博、無関心もったいない 大阪の男性、フリーペーパー発行 賛成も反対も、考える契機に

出来上がったフリーペーパー「はじめて万博」を読む吉田貴紀さん(左から2人目)ら=大阪市西区で2018年10月19日、山崎一輝撮影

 大阪府・市が誘致している2025年国際博覧会(万博)の開催地決定が11月23日に迫る中、大阪市のクリエーターらが大阪万博をテーマに遊び心満載のフリーペーパーを発行した。発起人の一人でデザイン会社代表の吉田貴紀さん(42)が「大阪に住んでいるのに関わらないなんてもったいない」と一念発起し、補助金や広告なしでこぎつけた。決定直前の完成のため「創刊号が最終号」になる。

 万博誘致について「行政任せで特に応援も反対もしていなかった」という吉田さんだが、盛り上がりを欠く誘致活動を見かね、「これまで無関心だった人たちに万博のことを知ってもらおう」と、同業の山根シボルさん(37)と意気投合。今年に入ってから発行の準備を始め、タイトルは「はじめて万博」と名付けた。斬新なコピーやレイアウトが生きるA3判(縦42センチ、横約30センチ)、24ページのフルカラー。取材費や紙代な…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです