メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ

国王と皇太子が遺族に弔意 カショギ氏息子に電話

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件で、国営サウジ通信などは22日、サルマン国王とムハンマド皇太子がカショギ氏の息子に電話し、弔意を伝えたと報じた。息子は2人に謝意を述べた、としている。

 皇太子が事件に関与した可能性も指摘される中、遺族に哀悼の意を表することで疑惑の目をそらす狙いもあるとみられる。

 サウジ検察当局は20日、カショギ氏は館内でサウジ人容疑者らと口論になり、殴り合いの末に死亡したと発…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです