メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港・珠海・マカオ大橋

開通式 世界最長全長55キロ

 中国本土の広東省珠海と「一国二制度」下にある香港、マカオを結ぶ海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」の開通式が23日、珠海で開かれた。一般車両の通行開始は24日。海底トンネルなどを含めた全長は約55キロで世界最長とされ、3地域間のアクセスの向上により物流や観光業、産業の発展を促進する。

 習近平指導部が重視する国家戦略「ビッグベイエリア構想」の中核プロジェクトの一つ。先端企業が集まる深センなど広東省9市と、国際金融センター…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです