メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾道

塀のない刑務所 半世紀 1300人が社会復帰

受刑者の布団が畳まれた寮の居室。窓に鉄格子はない=広島県尾道市向島町で、渕脇直樹撮影

 全国に4カ所だけの「塀のない刑務所」の一つ、有井構外(ありいこうがい)泊込(とまりこみ)作業場(広島県尾道市向島町)が今年、開設50年を迎えた。この半世紀に約1300人の受刑者が「誠心寮」で共同生活しながら造船関連作業に従事し、社会復帰を果たした。愛媛県今治市で4月に起きた受刑者逃走事件で開放型刑務所のあり方が論議を呼んだが、この施設で逃走事件は未遂を含め起きていないという。節目にあたり、広島刑務所は作業場の一部を報道陣に公開した。【渕脇直樹】

 尾道水道に面した向島北西部。造船関連の興進産業向島工場の一部施設が有井構外泊込作業場となっている。…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1031文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです