大阪狭山市

市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪狭山市の古川照人市長=寺岡俊撮影
大阪狭山市の古川照人市長=寺岡俊撮影

 大阪狭山市の古川照人市長(47)の妻が、市内であった秋祭りの会場で、だんじりを出した地区の会計担当者11人に、現金3000~5000円が入った封筒を配っていたことがわかった。古川市長も同席し、祝儀袋には「狭山 古川」と記載していたという。

 公職選挙法は、政治家が選挙区内で有権者に寄付することや、家…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

あわせて読みたい

注目の特集