大量懲戒請求

在日弁護士への不法行為認定 男に賠償命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

東京地裁判決

 在日コリアンの排斥を訴えるブログの扇動を背景に大量の懲戒請求が出された問題で、男性から根拠のない懲戒請求を出されて名誉を傷つけられたなどとして、金竜介弁護士が請求者の男性を相手取り55万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。浅香幹子裁判官は、金弁護士側の主張を認め、不法行為による精神的苦痛に対する慰謝料などとして、男性に33万円の支払いを命じた。

 男性は第1回口頭弁論を欠席し答弁書の提出もしなかったため、即日結審していた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文630文字)

あわせて読みたい

注目の特集