メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

最年少の乙黒拓斗 アジア大会王者を攻め倒す

世界選手権 男子フリースタイル65キロ級(22日)

 19歳の新鋭が世界で躍動し、初の頂点に立った。男子フリースタイル65キロ級決勝。試合途中に右足を負傷しながら、初出場の乙黒拓はアジア大会王者を攻めて倒した。「東京五輪までに早めに優勝することが目標だったので、達成できたのはうれしい」。日本レスリング界にとって待望のニューヒーローが誕生した。

 序盤に豪快な投げ技を決めて5-0とリード。楽勝ムードが漂ったが、第1ピリオドを7-6と追い上げられ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 道端アンジェリカさん、恐喝容疑で書類送検 逮捕の夫と同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです