メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

最年少の乙黒拓斗 アジア大会王者を攻め倒す

世界選手権 男子フリースタイル65キロ級(22日)

 19歳の新鋭が世界で躍動し、初の頂点に立った。男子フリースタイル65キロ級決勝。試合途中に右足を負傷しながら、初出場の乙黒拓はアジア大会王者を攻めて倒した。「東京五輪までに早めに優勝することが目標だったので、達成できたのはうれしい」。日本レスリング界にとって待望のニューヒーローが誕生した。

 序盤に豪快な投げ技を決めて5-0とリード。楽勝ムードが漂ったが、第1ピリオドを7-6と追い上げられ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです