障害者雇用数水増し

自民厚労部会長デビューの小泉氏苦言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の厚生労働部会・雇用問題調査会合同会議で発言する小泉進次郎厚生労働部会長(右)。左は根本匠厚生労働相=党本部で2018年10月22日午後2時半、川田雅浩撮影
自民党の厚生労働部会・雇用問題調査会合同会議で発言する小泉進次郎厚生労働部会長(右)。左は根本匠厚生労働相=党本部で2018年10月22日午後2時半、川田雅浩撮影

 自民党の厚生労働部会長になった小泉進次郎衆院議員が22日に開かれた同部会で「デビュー」し、中央省庁などの障害者雇用数水増し問題について「役所は法律を作る立場なのに、法律を破ることはあり得ない」と早速苦言を呈した。

 部会後に取材に応じた小泉氏は、報告した厚労省幹部らに出席議員16人から「非常に深刻だ…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

注目の特集