法務省

入管法改正 受け入れ対象は人手不足深刻14分野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
法務省=竹内紀臣撮影
法務省=竹内紀臣撮影

 法務省は22日、臨時国会に提出予定の外国人労働者受け入れ拡大に向けた入管法改正案の概要を、自民党法務部会に提示した。受け入れは人手不足が深刻な分野を対象に検討されているが、同省は部会で、14分野から希望が出ていると明らかにした。

 同省関係者らによると、希望があるのは、介護▽ビルクリーニング▽素形材産業▽産業機械製造▽電気・電子機器関連産業▽建設業▽造船・舶用工業▽自動車整備業▽航空業▽宿泊業▽農業▽漁業▽飲食料…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集