メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

未来投資会議を開催 官民で中途採用拡大を議論へ

未来投資会議で発言する安倍晋三首相(右列中央)=首相官邸で2018年10月22日午後6時9分、川田雅浩撮影

 政府は22日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、中途採用の拡大や新卒一括採用の見直しを目指し、官民トップからなる新たな協議会を設置することを決めた。大企業に対し、中途採用比率の情報公開を求めることでも一致。先行事例を広めることで、従来型の雇用制度の見直し機運を高める。

 安倍首相は「中途採用拡大、新卒一括採用の見直しについて、私自身先頭に立って、熱心な大企業を集めた協議会を創設し、運動を展開していきたい」と述べた。首相がトップを務め、経団連の中西宏明会長や、多様な採用形態の導入に積極的な大企業経営者三十数人がメンバーとなる。11月をめどに第1回会合を開く。

 日本の大企業は、新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった雇用制度が一般的だ。採用形態を変えることで…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです