メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川県

スルガ銀行に臨時の立ち入り検査

スルガ銀行の本店=石川宏撮影

 シェアハウスを巡る不正融資が発覚したスルガ銀行(静岡県沼津市)を巡り、神奈川県は22日、同行の横浜支店に県財務規則に基づく臨時の立ち入り検査をした。県への取材で判明した。同行は県の指定代理金融機関で、県は公金の収納業務が適正かを調べるため実施したとしている。

 22日午後、県会計局指導課の副課長ら5人が検査に入った。公金の収納業務などに関わる伝票や収納記録を確認したという。県が7月に実施した定期検査では問題は確認されなかったが、一連の問題の発覚を受けて、県は9月、公金を厳正に取り扱う観点から、業務改善の取り組み状況を報告するよう同行に文書で求めている。

 22日の県議会決算特別委員会でもスルガ銀に関する質問があり、県は「臨時の検査を行い、公金事務が適切か把握したい」と答弁している。金融庁は今月5日、同行の新規の投資用不動産融資など一部業務について、6カ月停止するよう命令している。【堀和彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです