メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

トルコ大統領、23日に声明発表へ

トルコのエルドアン大統領=AP

 【エルサレム高橋宗男】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件で、トルコのエルドアン大統領は23日にも事件に関する声明を発表する。トルコが捜査結果を公にするのは初めて。最大の焦点であるサウジのムハンマド皇太子の関与を含め、これまでトルコ当局者の情報として報道された内容とサウジ側の説明には食い違いも多い。大統領の発言に国際社会が注目している。

 事件についてのサウジ側の説明は一貫していない。20日未明の国営通信を通じた発表では、容疑者18人を…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1089文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです