メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ボルトン氏、INF離脱伝達か 米露関係に打撃必至

ボルトン米大統領補佐官=AP

 【モスクワ大前仁、北京・浦松丈二、ドレスデン(独東部)中西啓介】モスクワ訪問中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日、パトルシェフ安全保障会議書記と会談した。訪露はトランプ米大統領が表明した中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱する方針を直接伝達するのが目的で、23日までの滞在中、ラブロフ外相やプーチン大統領との会談が予定されている。ロシアは米国の一方的な姿勢に反発しており、米露関係に打撃を与えるのは必至だ。

 条約からの離脱には6カ月前の通告が必要で、ボルトン氏が今回の訪問で通告に踏み切れば、米国と旧ソ連と…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文870文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです