メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海洋環境保護委員会

プラごみ対策強化へ議論本格化

 国際海事機関(IMO)の海洋環境保護委員会が22日、ロンドンの本部で5日間の日程で始まった。期間中、国際的に関心が高まっているプラスチックごみによる海洋汚染対策を強化するため、アクションプラン(行動計画)策定の議論を本格的に開始する。

 船舶から海へのごみ排出は海洋汚染防止条約で禁止されている。海のプラスチックごみ問題が今年の主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)などでも議論される中、海運に関する国連専門機関が船舶からの排出を少しでも減らす検討に入る。

 4月の海洋環境保護委でも海のプラスチックごみ対策の実効性を強化すべきだとの声が高まり、2020年を目標にアクションプランを策定することで合意。各国が提案している具体策の議論を始める。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです