メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

遺伝性乳がん卵巣がん 発症の仕組み解明

 京都大の研究チームは、遺伝子の変異でがんになりやすい「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」の発症メカニズムを解明したと発表した。女性ホルモン「エストロゲン」が細胞の異常増殖に加え、DNAの切断を促し、相乗作用でがんの発症が高まることを突き止めた。発症年齢の予測などに役立つ可能性があるという。論文が23日、米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 研究チームによると、日本で推計年間9万人が発症する乳がんの5~10%、同約1万人の卵巣がんの10%…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです