京大

遺伝性乳がん卵巣がん 発症の仕組み解明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 京都大の研究チームは、遺伝子の変異でがんになりやすい「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」の発症メカニズムを解明したと発表した。女性ホルモン「エストロゲン」が細胞の異常増殖に加え、DNAの切断を促し、相乗作用でがんの発症が高まることを突き止めた。発症年齢の予測などに役立つ可能性があるという。論文が23日、米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 研究チームによると、日本で推計年間9万人が発症する乳がんの5~10%、同約1万人の卵巣がんの10%は遺伝性。「BRCA1」と呼ばれる遺伝子などの欠損で発症する例が多いとされる。米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが予防的に両乳房や卵巣などを除去し、「アンジーの決断」と議論を呼んだ。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文590文字)

あわせて読みたい

ニュース特集