メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛県

養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ

愛媛県が開発したチョコブリ。切り身(右)は時間がたつと色の違いがはっきり表れるという=松山市一番町4の県庁で2018年10月22日午前11時22分、木島諒子撮影

 愛媛県は22日、ブリの餌にチョコレートを混ぜて養殖した「チョコブリ」を開発したと発表した。カカオポリフェノールの抗酸化作用により、切り身が5日間にわたって鮮やかな色合いを保つという。特許出願中で、県担当者は「和食ブームで需要が高まる海外への流通拡大も狙いたい」と意気込む。

 県によると、ブリは生(い)け締めした後、2日で肉の色が変化する。特に切り身にした際、血合いが茶色くなり、商品価値が下がってしまう。

 チョコ入りの餌は、出荷前のブリに20日間にわたって与える。魚の味は通常のブリと変わらない。人間が食べるような甘いチョコで、今後はコスト面からカカオバターなどに変える可能性がある。

 県はこれまで、同様に抗酸化作用を持つミカンの皮を餌に混ぜて育てた「みかんブリ」を開発しているが、チョコブリの方が色合いが長持ちするという。

 担当者は「ブリは苦いミカンの皮を食べたがらず、やせてしまう懸念があった。チョコは嫌がらず食べる」と話している。【木島諒子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです