メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森4人死亡

被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定

事故の状況

 青森県つがる市で9月22日未明に男女4人が死亡した事故で、県警は22日、酒に酔って正常な運転ができない状態で乗用車を運転し、事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で団体職員の男を逮捕した。捜査関係者によると、男は自宅でバーベキューをしながら酒を飲み、さらに酒を飲もうと車を運転したという。犠牲者の知人らは「事実ならしっかりと償ってほしい」と憤った。【一宮俊介、井川加菜美、岩崎歩】

 捜査関係者によると、逮捕された同市森田町の高杉祐弥容疑者(32)は事故前、自宅で知人らと酒を飲んだ後、道路交通法違反(飲酒運転同乗)容疑で逮捕された同市森田町の無職、野呂祐太朗容疑者(33)ら2人を乗せて車を運転。制限速度の時速50キロを大幅に上回る猛スピードで現場を走行し、事故を起こした疑いがある。親族によると、高杉容疑者は自宅の小屋で時々、食事会をしていたという。

 この事故では、同県鰺ケ沢町の広船淳さん(43)と妻の愛莉さん(30)ら4人が死亡。淳さんが勤務していた青森県内のパチンコ店の上司(42)によると、淳さんは事故が起きる約1時間前の午前0時まで働いていたという。約4年前、以前職場が同じだった愛莉さんと結婚。知人によると、愛莉さんはいつもニコニコしていて、夫婦一緒によく食事に出かけていた。

 淳さんは昨年11月ごろに病気で倒れたが、リハビリに励み今年5月に職場に復帰。病気を経験したことで健康のありがたみをかみしめ、体調には誰よりも気を配っていた。

 知人によると、事故後、インターネット上には一部報道を基に広船さん夫婦が酒を飲んで運転していたかのような中傷が書き込まれた。県警は22日、広船さんを含む他の車の運転手に過失やアルコール摂取の事実はなかったと明らかにした。

 上司の男性は「(淳さんは)元々酒が好きというわけではなく、仕事から帰ってきて酒を飲んですぐに車を運転するわけがない。相手は飲酒して事故を起こしたならしっかりと罪を償ってほしい」。30代の知人男性は「病気になってからはより健康を気にしていて、車を運転するのもかなりゆっくりだった。(広船さん夫婦が飲酒していなかったという)事実が出てきて本当によかった」と話した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです