メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会計検査院調査

高校奨学金代理受領 12府県制度化せず

 高校生の「奨学給付金制度」について会計検査院が19府県で抽出調査したところ、保護者からの委任を受けた都道府県が学校に給付金を支給する「代理受領」が12府県で制度化されていないことが判明した。検査院によると、代理受領が行われている場合に比べ、教材費などの未払いを理由に出席停止や除籍などの不利益処分を受けた生徒数が多かったという。

 奨学給付金制度は2014年度にスタート。高校生がいる生活保護世帯や非課税世帯を対象に年3万2300…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです