メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

免震装置不正

KYBが新規受注停止 2020年まで

不適切な免震・制震オイルダンパー設置で国交省から指示書の交付を受け、記者会見で謝罪する(右から)KYBの中島康輔会長兼社長、カヤバシステムマシナリーの廣門茂喜社長、KYBの斎藤圭介専務=国交省で2018年10月16日、手塚耕一郎撮影

 油圧機器メーカーKYBと子会社による免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、両社は改ざん疑いのある装置の交換作業が終了すると想定している2020年9月までの約2年間、装置の新規受注を停止する方針を決めた。約1万本とされる交換作業に注力するため。ただ作業が長期化すれば、受注再開がさらに遅れる可能性もある。

 KYBによると、国の基準や顧客との契約に適合しないか、その疑いのある装置は、免震ダンパーが903物…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです