特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球

秋季九州大会、筑陽学園などが4強入り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【興南-筑陽学園】延長十三回を被安打3で完投した筑陽学園の西舘昂汰=熊本市のリブワーク藤崎台球場で2018年10月22日午後1時27分、清水晃平撮影
【興南-筑陽学園】延長十三回を被安打3で完投した筑陽学園の西舘昂汰=熊本市のリブワーク藤崎台球場で2018年10月22日午後1時27分、清水晃平撮影

 高校野球の秋季九州大会は22日、熊本市のリブワーク藤崎台球場などで準々決勝4試合があり、4強が決まった。

 筑陽学園(福岡)と興南(沖縄)は息詰まる投手戦となり、延長十三回タイブレークで筑陽学園がサヨナラ勝ちした。日章学園(宮崎)、明豊(大分)、大分はコールド勝ちした。23日は休養日で、準決勝は24日、リブワーク藤崎台で明豊-日章学園、大分-筑陽学園の対戦で行われる。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文755文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る