メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『宴の前』『ビートルズはここで生まれた』ほか

今週の新刊

◆『宴の前』堂場瞬一・著(集英社/税別1800円)

 堂場瞬一『宴の前』は、地方知事選をきわめてリアルにシミュレートした長編小説。古い港町を持つ雪深い地方都市で次期知事選挙が迫る。現職は引退を表明し副知事に継がせ、安泰と思いきや、その副知事が急死。たちまち白紙に。

 一方、立候補したニューフェースは女性で、しかも元五輪のメダリスト。認知度も高く、「冬季オリンピック招致」を公約に掲げる。強敵現る。地元有力紙の編集主幹を黒幕に、保守系与党のバックアップもあり、現知事は再び後継者を選び出すが……。

 利権、忖度(そんたく)、根回しと権力の闇が最大限にうごめき、爽やかな愛嬌(あいきょう)ある女性候補…

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1841文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです