メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『文学はおいしい。』小山鉄郎・著

ローカルな魚介類を前に人の情は俄然濃くなる

◆『文学はおいしい。』小山鉄郎/著 ハルノ宵子/画(作品社/税別1800円)

 「文学を食べる」というタイトルで新聞に連載されていた書評エッセー100編が、ぎゅっと詰め込まれた一冊だ。小説や詩の中にあらわれて、物語を動かしたり登場人物の性向を映したりする食べもの飲みものについて、その起源なども併せて読み解かれている。

 そのようにこの『文学はおいしい。』を紹介してみると、自分もここで同じような仕事をしているものだから…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです