メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『文学はおいしい。』小山鉄郎・著

◆『文学はおいしい。』小山鉄郎/著 ハルノ宵子/画(作品社/税別1800円)

 「文学を食べる」というタイトルで新聞に連載されていた書評エッセー100編が、ぎゅっと詰め込まれた一冊だ。小説や詩の中にあらわれて、物語を動かしたり登場人物の性向を映したりする食べもの飲みものについて、その起源なども併せて読み解かれている。

 そのようにこの『文学はおいしい。』を紹介してみると、自分もここで同じような仕事をしているものだから、不思議な気もする。読む人によって目のつけどころも解釈の仕方も異なるものだなとも思うし、やっぱりこの一文に傍線を引きますか、と、感想を同じくする者同士、街角でばったり出くわしたような気分にさせられることももちろんあって。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです