メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

漫画家・石坂啓さん 高田馬場の濃密な時間

 名古屋の美大を卒業した1978年の春、手塚治虫プロダクションのアシスタント募集の面接で、中学校の修学旅行以来初めて上京しました。その第一歩が事務所のある高田馬場。国鉄の駅のホームから見た光景は強烈でしたね。質屋の屋上に、相撲取りの人形とおっぱい丸出しの女性の人形が、土俵のように向かい合ってクルクル回るオブジェが目に飛び込んできました。趣味が悪いなあと。でも東京に出てこられたことがうれしくて、「これが大都会なんだ」とご機嫌でしたね。

 小学生のときから漫画が好きで漫画家になりたいと思っていました。強烈に手塚先生に傾いたのは中学生のと…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです