メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

門脇の20年後語る 石巻で震災遺構巡り集会 /宮城

 東日本大震災の遺構として保存される旧門脇小と地域コミュニティーの共存を考える「遺構と地域のこれからを語る会」が22日夜、石巻市の門脇東復興住宅集会所で開かれた。元広島市職員で、広島平和記念資料館長も務めた原田浩さん(79)が「行政と一緒になってどう次の世代につなげるか、ともに考えることが一番必要だ」と講演。住民らも20年後の地域の未来図を語り合った。

 原田さんは6歳の時に広島駅で被爆した。原爆ドームの保存の経緯や役割を説明し「私も見たいとは思ってい…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです