特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-豊島将之王位 第17局の1

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

2冠の豊島

 今年7月に棋聖、さらに9月に王位を奪取して2冠になった豊島。10年に1人クラスの逸材で勝率も常に高かったが、悲願の初タイトルまでプロデビューから約11年を要した。2冠になって3局目。この日は永世名人有資格者の谷川浩司九段も対局だったが、「御上段の間」の最上席を占めたのは豊島だった。

 「地位は人を作る」という。そういう先入観かもしれないが、豊島の良質なたたずまいにはタイトルホルダーとしての自信と風格を感じた。A級順位戦はここまで3連勝。前期、同率首位で迎えた最終戦で敗れ、パラマス方式となったプレーオフで力尽き、名人挑戦はならなかった。そこでガックリ気落ちするタイプもいるが、豊島は腐らず今期も白星を重ねてきた…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文782文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集