メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三田の監禁

虐待早期発見へ協議 事件受け、市が委員会 /兵庫

 三田市で障害のある長男を父親=監禁罪で有罪判決=が自宅の檻(おり)に長期間閉じ込めた事件を受け、市は障害者の虐待を早期に発見する仕組みづくりを協議する委員会を設置する。「障害者共生協議会」で、委員は身体・知的・精神の各障害者、障害福祉事業者や地域団体、学識者、市職員など計16人。

 事件を巡る市の対応を検証した第三者委員…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです