メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対中ODA

今年度終了 日中、第三国支援で連携

 日中両政府は、第三国への支援策を話し合う「政府間対話」を創設する方針を固めた。日本の政府開発援助(ODA)を活用してインフラ整備などを行う。一方、日本の中国へのODA供与は今年度で終了する。25日に訪中する安倍晋三首相が李克強首相との会談で合意する見通しだ。約40年にわたって日本の中国支援を象徴してきたODAの終了で、日中関係は新たな連携の形を探ることになる。【秋山信一、光田宗義】

 河野太郎外相は23日の記者会見で「今の中国の経済レベルを考えれば(ODAは)恐らく必要ない。今後は中国と第三国への開発支援や人道支援で協力する」と明言した。新たな政府間対話は、日中が政府資金を活用して第三国支援の効率化を目指す。26日の日中首脳会談では、イノベーション・知的財産に関する対話新設などでも合意する見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 首相答弁否定のANAホテル、自民幹部と会談後に“沈黙”…圧力はあったのか?

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです