メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

一人称の歴史=福本容子

 <sui-setsu>

 「私の気持ち」という表現に不思議な新鮮さがあった。一人称で、しかも「気持ち」を語っていた記憶があまりなかったからだ。

 白川方明(まさあき)・前日銀総裁の著書である。今月出版された「中央銀行--セントラルバンカーの経験した39年」は、いたるところに「私」という白川さんが登場する。

 日銀時代は組織の決定内容などを、代表して説明する立場だったから、「私」が出る余地はほとんどなかった…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです