連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

一人称の歴史=福本容子

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 「私の気持ち」という表現に不思議な新鮮さがあった。一人称で、しかも「気持ち」を語っていた記憶があまりなかったからだ。

 白川方明(まさあき)・前日銀総裁の著書である。今月出版された「中央銀行--セントラルバンカーの経験した39年」は、いたるところに「私」という白川さんが登場する。

 日銀時代は組織の決定内容などを、代表して説明する立場だったから、「私」が出る余地はほとんどなかった。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1001文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集