メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

免震は耐震と違うの? 高層建物などで揺れ伝わりにくく=回答・松本惇

 なるほドリ 油圧機器(ゆあつきき)メーカーが検査(けんさ)データを改(かい)ざんしていた問題で「免震(めんしん)」や「制振(せいしん)」というワードが出てきたけれど、「耐震(たいしん)」とはどう違うの?

 記者 まず「耐震」から説明します。耐震は建物の柱や壁などの強さによって、地震の揺れに耐えることを意味します。建築基準法(けんちくきじゅんほう)で、震度(しんど)6強~7程度でも倒壊(とうかい)・崩壊(ほうかい)しないことが求められています。1981年に基準が強化され、現在に至っています。

 Q では、免震装置(そうち)や制振装置は?

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです