メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下村・自民改憲本部長

対案排除せず 野党と丁寧に協議

下村博文・自民党憲法改正推進本部長=自民党本部で2018年10月19日、根岸基弘撮影

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長が毎日新聞のインタビューに応じ、安倍晋三首相(党総裁)が目指す改憲を巡る臨時国会での対応などについて語った。【聞き手・須藤孝】

 安倍首相は臨時国会での憲法改正に向けた具体的な動きについて再三言及している。国会で審議が進まない現状を打開しなければならないという前提で取り組んでいく。

 だからといって憲法審査会は他の委員会とは異なる。与党が強権的にやればかえってマイナスだ。野党の意見…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです