メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者死亡 トルコ、捜査継続表明 サウジの出方、焦点に

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件は、トルコのエルドアン大統領が23日「計画的殺人」と断じ、サウジ側に一層の真相解明を求めた。疑惑が報じられるサウジのムハンマド皇太子(33)については言及せず、関与を否定するサウジ王室の顔を立てた形だ。一方で「責任を情報要員や治安要員に負わせるだけでは、我々も国際社会も納得しない」と述べて捜査継続も表明し、サウジ側に説明責任を果たすようプレッシャーをかけた。

 この日の演説を前に、エルドアン大統領は「ありのままの事実」を明らかにすると予告していた。これまで、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです