メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

百貨店はどこに行くのか=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 筆者が住む東京都三鷹市と近接した府中市の駅前にある伊勢丹が来年9月に閉店するというニュースが流れた。我が家では私と母と娘の女3世代が、それぞれお目当ての店に寄り、食事をし、最後にデパ地下で食料品を購入し帰宅するという休日を楽しんできた。それができなくなると思うと大きな落胆の中にいる。

 三越伊勢丹ホールディングスは、府中店だけでなく、伊勢丹相模原店(神奈川県)、新潟三越(新潟県)の郊外店3店舗を閉店すると発表した。いわゆる郊外店は、ネットや他の商業施設との競争に苦戦を強いられてきたと言われている。423万人を擁する東京多摩地域でさえ、百貨店を持ちきれないのだろうか。

 筆者は地方創生の仕事をしている関係もあり、全国の百貨店をよく利用する。そこで感じるのは百貨店の無個…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです