メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

百貨店はどこに行くのか=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 筆者が住む東京都三鷹市と近接した府中市の駅前にある伊勢丹が来年9月に閉店するというニュースが流れた。我が家では私と母と娘の女3世代が、それぞれお目当ての店に寄り、食事をし、最後にデパ地下で食料品を購入し帰宅するという休日を楽しんできた。それができなくなると思うと大きな落胆の中にいる。

 三越伊勢丹ホールディングスは、府中店だけでなく、伊勢丹相模原店(神奈川県)、新潟三越(新潟県)の郊外店3店舗を閉店すると発表した。いわゆる郊外店は、ネットや他の商業施設との競争に苦戦を強いられてきたと言われている。423万人を擁する東京多摩地域でさえ、百貨店を持ちきれないのだろうか。

 筆者は地方創生の仕事をしている関係もあり、全国の百貨店をよく利用する。そこで感じるのは百貨店の無個性化であり、どこに行っても同じようなブランドのお店が並んでいることだ。地域らしさを感じられない。消費者の願いは、適正価格で魅力的な商品があり、良好なサービスが受けられる店舗だ。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです