メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
20年東京五輪・パラリンピック

公式映画、監督に河瀬さん

東京五輪の公式映画監督に就任し、記者会見後の記念撮影で東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(左)、武藤敏郎事務総長(右)と笑顔を見せる映画監督の河瀬直美さん=東京都港区で2018年10月23日午後5時53分、小川昌宏撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、東京五輪の公式記録映画の監督に07年のカンヌ国際映画祭で最高賞に次ぐグランプリを受賞した河瀬直美さん(49)が就任したと発表した。国際映画祭での実績や、ドキュメンタリー映画の撮影経験などが評価された。

 同日、東京都内で記者会見した河瀬さんは「映画監督に…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. 日本経済「危険水域」に 新型肺炎追い打ち 将来不安拭えず GDP年6.3%減

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです