メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

メークも楽しむハロウィーン

 31日はハロウィーン。仮装イベントやパーティーに出かける人もいるかも。衣装に加え、ワンランク上のメークを施せばさらに楽しめそうだ。手軽な化粧品を使い親子で楽しめる本格メークを、メーキャップアーティストに伝授してもらった。

 ●ゾンビに変身

 ハロウィーンは古代ヨーロッパのケルト人のお祭りが起源。ケルト人の暦では1年の終わりは10月31日とされ、この晩は物事が移り変わり、時間と空間の境界があいまいになるため、先祖の霊が訪ねてきたり、魔女や精霊、妖精が出てきたりすると信じられていた。これらの悪霊や魔物にとりつかれないようにするため仮装をしたのが始まりだ。キリスト教の万聖節(11月1日)の前夜祭(All Hallow’s Even)と結びつき、Halloween(ハロウィーン)と呼ばれるようになったという。日本でも近年、各地で大規模な仮装パレ…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです