メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

超高額薬 医療費抑制に懸念材料

 今年のノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授の発見を基に開発された新しいタイプのがん治療薬「オプジーボ」は発売当初、超高額な薬の値段(薬価)でも注目されました。医療費抑制の議論が進む中で、高額薬の登場は懸念材料となっています。薬価はなぜ上がっているのでしょうか。【酒井雅浩】

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです