メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

根尾ら逸材 あすドラフト

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日、東京都内で行われる。甲子園で史上初となる2度目の「春夏連覇」を果たした大阪桐蔭高の根尾昂内野手や藤原恭大外野手ら、高校生に逸材がそろう一方、大学、社会人投手も好素材が並び、各球団の戦略は分かれそうだ。

 最も人気を集めそうなのは根尾だ。高校通算32本塁打を放ち、投手としても最速150キロをマーク。身体能力の高さに内外野の守備もこなせる器用さも兼ね備え、「投打二刀流」の夢も膨らむ。藤原も高校通算32本塁打の打力に加えて、50メートル5秒7の俊足も魅力だ。

 注目度が高いのは、夏の甲子園で4試合連続2桁奪三振をマークした吉田輝星(こうせい)投手(秋田・金足…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです