メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 東京へ新星 乙黒拓、最年少V

男子フリースタイル65キロ級で優勝し、金メダルを手に持つ乙黒拓=AP

 【ブダペスト共同】第3日は22日、ブダペストで行われ、男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)が初優勝した。19歳10カ月での制覇は日本男子史上最年少記録となった。

 日本の伝統競技に新たな金メダル候補が出現した。男子フリースタイル65キロ級を初出場で制した19歳の乙黒拓は「東京五輪までに早めに優勝するのが目標だった」とさらりと言う。重圧とは無縁の戦いぶりで世界の頂へと駆け上がった姿は…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです