メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部不正入試

疑惑招く「5類型」 多浪生を慎重評価 文科省調査

医学部入試調査で確認された事例

 文部科学省は23日、医学部医学科を置く全国81大学を対象にした入試調査の中間まとめを公表した。得点操作などにより女子や多浪生を不利に扱うなど不適切な疑いのある事例が4類型あるとする一方、具体的な大学名や校数は明らかにしなかった。【伊澤拓也】

 不適切な事例は、調査書などで現役生に加点し、浪人生には加点しないなど4類型あり、既に得点操作を公表している東京医科大(東京都)や昭和大(同)のケースも含まれるとした。また、疑惑を招く事例として、面接で多浪生を慎重に評価するなどのマニュアルを設けるなどの5類型を挙げた。

 柴山昌彦文科相は同日、不適切とした大学に対して自主的な公表を促すとともに、入試方法の点検や周知を求…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです