メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
暴虐の傷痕

イラク・IS後 安らぎ砕かれ 痛み宿す瞳

 <2018世界子ども救援キャンペーン>

 爆撃や砲撃で傾いた建物がもたれ合い、一部は道路までせり出していた。がれきの街を歩いていると、平衡感覚を失いそうになる。建物の2階に取り付けられたエアコンの室外機は焼け焦げて、ゆがみ、電源コードの切れ端がつららのように垂れ下がっていた。

 イラク北部・モスルの旧市街。過激派組織「イスラム国」(IS)が民間人を「盾」にし、イラク軍などと激戦になった地だ。ISから奪還され1年が過ぎた今年8月、足を踏み入れた。人々が少しずつ戻り始めていたものの、復興にはほど遠い惨状が広がっていた。

 イスラム法に基づく新たな国家の樹立を掲げ、勢力を広げたIS。宗教の名を借りた卑劣な暴力や激しい戦闘…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文890文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです