メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 乙黒拓、最年少V フリー65キロ級

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第4日は23日、ブダペストで行われ、女子は65キロ級の源平彩南(至学館大)が初戦の2回戦から2試合を制し、準決勝に進出した。

 76キロ級の皆川(旧姓鈴木)博恵(クリナップ)は、3回戦で昨年女王のヤセミン・アダル(トルコ)に敗れた。72キロ級の松雪成葉(至学館大)も3回戦でエジプト選手に敗れた。

 68キロ級の渡利璃穏(アイシンAW)は1回戦でリオ五輪69キロ級銅メダルのアンナイエンニュ・フラン…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです