メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

安田さん拘束のイドリブ 反体制派・最後のとりで

 【カイロ篠田航一】フリージャーナリストの安田純平さん(44)は、シリア反体制派が拠点とするシリア北西部イドリブ県で武装勢力に拘束されていたとみられている。2011年から続くシリア内戦ではアサド政権軍が優位を固め、イドリブ県は反体制派にとって、事実上の「最後のとりで」となっている。安田さん解放が確認された場合、こうした緊迫した情勢が何らかの影響を与えた可能性もある。

 イドリブ県在住の反体制派活動家の男性は23日夜、毎日新聞に「複数の武装勢力が県内を支配しており、住民から徴税をして活動資金にしているグループもある。最近はジャーナリスト誘拐は下火だが、一般市民の誘拐も多い」と話し、依然として治安状況は回復していないと強調した。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです