メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界初の先物

堂島米市場に10トンの記念碑「一粒の光」

世界初の先物取引所「堂島米市場」跡地で行われた新しい記念碑の除幕式。左から3人目は記念碑を設計した建築家の安藤忠雄さん=大阪市北区で2018年10月24日午前11時6分、木葉健二撮影

 江戸時代の1730年に世界初の先物市場として大阪に設立された「堂島米市場」の歴史をPRしようと24日、大阪市北区の市場跡地で記念碑を一新し、除幕式が開かれた。米粒をモチーフにした白御影(みかげ)石製の記念碑は、「インスタ映え」するデザインで観光客らを引きつけそうだ。

 コメ取引が行われていたことにちなみ、世…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです