世界初の先物

堂島米市場に10トンの記念碑「一粒の光」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界初の先物取引所「堂島米市場」跡地で行われた新しい記念碑の除幕式。左から3人目は記念碑を設計した建築家の安藤忠雄さん=大阪市北区で2018年10月24日午前11時6分、木葉健二撮影
世界初の先物取引所「堂島米市場」跡地で行われた新しい記念碑の除幕式。左から3人目は記念碑を設計した建築家の安藤忠雄さん=大阪市北区で2018年10月24日午前11時6分、木葉健二撮影

 江戸時代の1730年に世界初の先物市場として大阪に設立された「堂島米市場」の歴史をPRしようと24日、大阪市北区の市場跡地で記念碑を一新し、除幕式が開かれた。米粒をモチーフにした白御影(みかげ)石製の記念碑は、「インスタ映え」するデザインで観光客らを引きつけそうだ。

 コメ取引が行われていたことにちなみ、世…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集