メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法改正

下村博文氏 議論「国民参加の段階に」

下村博文・自民党憲法改正推進本部長=自民党本部で2018年10月19日、根岸基弘撮影

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長が毎日新聞のインタビューに応じ、安倍晋三首相(党総裁)が目指す改憲を巡る臨時国会での対応などについて語った。【聞き手・須藤孝】

 安倍晋三首相(自民党総裁)は臨時国会での憲法改正に向けた具体的な動きについて再三言及している。国会で審議が進まない現状を打開しなければならないという前提で取り組んでいく。

 だからといって憲法審査会は他の委員会とは異なる。与党が強権的にやればかえってマイナスだ。野党の意見を聞きながら丁寧に協議するのが基本だ。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです