メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時国会

24日召集 安倍首相、補正予算案成立に全力

 第197臨時国会は24日召集される。安倍晋三首相は23日の自民党役員会で、相次いだ災害の復旧費などを盛り込んだ今年度補正予算案について「成立に全力を挙げたい」と意欲を示した。最大の焦点となる外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正案の審議を巡り、野党は首相の出席を求める方針。審議日程を理由に難色を示す与党側とのさや当てが始まっている。

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長らは23日、東京・虎ノ門のホテルで会談し、先の通常国会で積み残した国民投票法改正案の審議を進める方針を確認。首相は24日に衆参両院の本会議で所信表明演説に臨む。首相訪中後の29~31日に各党が代表質問し、本格論戦が始まる。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです