サウジ投資会議

記者死亡で要人次々欠席 孫氏も講演中止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サウジアラビア政府関係者と握手するアラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ラシド首相(中央左)=リヤドで2018年10月23日、AP
サウジアラビア政府関係者と握手するアラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ラシド首相(中央左)=リヤドで2018年10月23日、AP

 サウジアラビアの首都リヤドで23日、国際経済会議「未来投資イニシアチブ」が開幕した。サウジ人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件を巡り、サウジに対する国際的批判が高まる中、各国要人や大企業トップが次々に会議欠席を表明。ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長も会議での講演を取りやめたことが分かった…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集