メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱航空機

重工が財務支援 MRJ開発へ債務超過を解消

「グラント郡国際空港」に着陸するMRJ=米西部モーゼスレークで2016年9月、竹地広憲撮影

 三菱重工業は、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発する子会社の三菱航空機に対し、2200億円規模の財務支援をする方針を固めた。負債が資産を約1100億円上回る債務超過の状態を解消する。MRJの2020年半ばの納入に向け、財務基盤を再構築する。

 2200億円のうち、三菱重工がこれまでに貸した1700億円については三菱航空機が株式を発行し、三菱重工が引き受ける「債務の株式化」の形で支援する。残りの500億円は、三菱重工が債権を放棄する。三菱航空機の債務超過額は18年3月期で1100億円に上るため、三菱重工の宮永俊一社長は年度内にも債務超過を解…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです