メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川金HD

免震・制振装置データ改ざん93物件1429本

都道府県別の不正ダンパー数

 東証2部上場の建材メーカーグループ・川金ホールディングス(HD、埼玉県川口市)は23日、子会社が製造した免震・制振オイルダンパーの検査データを改ざんしていたことを明らかにした。免震は東京都、大阪府各2物件の計6本、制振は26都道府県の89物件に使われた計1423本が、いずれも顧客が指定した基準値を満たしていなかった。国土交通省は免震ダンパーに基準を設定しているが、不適合品はなかったという。

 検査データの改ざんが油圧機器メーカーKYB(東京都港区)以外にも拡大したことを重くみた国交省は、免震・制振装置メーカー88社に報告を求めていた不正の有無の調査について、報告期限を従来の12月下旬から今週内に前倒しした。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです