メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総合取引所構想

JPXと東京商品取引所が統合協議入り

総合取引所を巡る関係図

 日本取引所グループ(JPX)と東京商品取引所は23日、経営統合に向けた協議に入ると発表した。株式などの金融商品と金などの商品先物を同時に扱う「総合取引所」を発足させ、投資家の利便性を高めて国際競争力を高める狙いだ。両社は同日、統合協議の前提となる秘密保持契約を締結した。

 総合取引所構想は2007年、第1次安倍晋三政権が策定した「骨太の方針」に盛り込まれて以降、長年の検討課題になっていたが、両社が具体的な統合協議に入るのは初めて。

 JPXは株式を扱う東京証券取引所と、金融派生商品(デリバティブ)を扱う大阪取引所を傘下に持ち、17…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文926文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです